愛知県立芸術大学 Aichi University of the Arts


客員教授

石井達朗

平成29年度 授業スケジュール

第一回 4月20日 10:30~12:00
「セクシュアリティ、ジェンダー、パフォーマンス」
性やジェンダーの在り方は、新しいダンスでどう表現されているのか?
第二回 6月15日 10:30~12:00
「祭祀とトランス」
祭祀や儀礼のなかで、突然起こる意識の空白状態。なぜ起こるのか、
身体表現の源流をバリ島から考えます。
第三回 10月19日 10:30~12:00
「暗黒舞踏とは?」
日本に生まれ、今やButohの名とともに世界中に広がっている「舞踏」の身体表現とは何なのかを追求します。
第四回 12月21日 10:30~12:00
「身体表現におけるテクニックとは?」
表現の手段としてテクニックをどう考えるのか。極めるのか、軽視するのか、無視するのか?

プロフィール

舞踊評論家。

ニューヨーク大学(NYU)演劇科ブライト研究員・同パフォーマンス研究科ACLS研究員などを経て慶応大学名誉教授、愛知県立芸大客員教授。

関心領域として、サーカス、アジアの身体文化、ポスト・モダンダンス、ジェンダー / セクシュアリティから見るパフォーマンス論。

著書に『身体の臨界点』『男装論』『ポリセクシュアル・ラヴ』『アクロバットとダンス』『サーカスのフィルモロジー』『異装のセクシュアリティ』ほか。

平成29年度 授業スケジュール

第一回 4月20日 10:30~12:00
「セクシュアリティ、ジェンダー、パフォーマンス」
第二回 6月15日 10:30~12:00
「祭祀とトランス」
第三回 10月19日 10:30~12:00
「暗黒舞踏とは?」
第四回 12月21日 10:30~12:00
「身体表現におけるテクニックとは?」