「森のDNA 芸術は森からはじまる」

彫刻専攻修了生の吉田達彦さんが出展します。

愛知県立芸術大学は1966年、東尾張丘陵地に創立されました。今年で50周年を迎えます。豊かな森に囲まれた環境のもと、美術や音楽の分野で才能ある若い芸術家たちが創作活動を行ってきました。芸大の森は、芸術家の卵たちの創造の源泉の役割を果たしてきたのです。
ヤマザキマザック美術館は2010年に愛知県名古屋市の都心部に開館し、今年で6周年を迎えます。18世紀から20世紀にいたるフランス絵画と19世紀末にフランスで花開いたアール・ヌーヴォーの家具やガラス作品を所蔵公開しています。アール・ヌーヴォーの時代は森や自然からインスピレーションを受けた作品が次々と生み出されました。なかでも、この時代を代表するガラス作家エミール・ガレはとりわけ森を愛し、創造の源にしていました。ガレの工房の扉には「我が根源は森の奥にあり」という言葉が刻まれていたといいます。
「森のDNA 芸術は森からはじまる」と名づけられた本展タイトルには、出品作家たちの深い思い入れが込められています。彼らは近年の卒業生のなかでも活躍めざましい若手作家と教員で、いずれも自然や森から多くの影響やインスピレーションを受け、制作活動を行っています。本展ではヤマザキマザック美術館のアール・ヌーヴォー展示室を神秘的な「森」に見立てた空間が生まれています。森は「恩恵、神秘、神、コスモス(宇宙)、やすらぎ、畏敬、驚き、異空間移動、継承」等のいくつかのセクションに分かれています。観覧者は様々な表情を持つ森のラビリンス(迷宮)へと誘われ、さながら旅人のように、過去から現在、未来へとさまよいながら作品を鑑賞することになります。展示室は命をはぐくむ森のエネルギーに満たされ、古今の作家たちの創造世界が時空を越えて響きあっているのです。森のDNA―芸術をはぐくみ育てる森の魅力、その再発見の旅をどうぞお楽しみください。
○会期:
2016年11月18日(金曜日)~2017年2月26日(日曜日)80日間
開館時間
平日:午前10時~午後5時30分
土日祝:午前10時~午後5時
(入館は閉館の30分前まで)
休館日
月曜日〔月曜日が祝日の場合は翌平日休館)
12月29日~1月5日、1月10日
入館料
一般1000円〔10名様以上800円〕、小・中・高生500円、小学生未満無料
〔音声ガイド無料サービス〕
主催
ヤマザキマザック美術館、愛知県立芸術大学、中日新聞社
後援
愛知県教育委員会、岐阜県教育委員会、三重県教育委員会、名古屋市教育委員会、名古屋市文化振興事業団
協力
愛知県立芸術大学同窓会

自作を語る アーティストトーク (第2・4土曜日 10:30~)
出品作家が自らの作品の見どころや展覧会をわかりやすく解説します。

11月26日土曜日:鈴木春香、森下友奈
12月10日土曜日:森下友奈、吉田達彦
12月24日土曜日:今尾泰三、吉田達彦
1月14日土曜日:鈴木春香、河合真維
1月28日土曜日:河合真維、今尾泰三
2月11日土曜日:出品者全員
2月25日土曜日:出品者全員