愛知県立芸術大学 Aichi University of the Arts


大塚研究室

研究室概要

この研究室は実技制作主体で、彫刻、特にカービング技法による作品制作に主眼を置き、徹底した作品本位の指導を目的にしています。

○彫刻における形態の抽象化について制作・研究

主に木・石を素材として、カービングによる、抽象表現の可能性・多様性について制作をとおし研究します。素材を把握することにより、さらに内容を深め表現意図を明確化します。基本的に各自の研究テーマの設定にそってともに提案しつつ、ディスカッションにより制作展開を試みます。

博士後期課程(3年)

大塚道男(おおつかみちお)
本学教員ページへリンク